スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンポールテント

この夏キャンプに行ったとき ママとお姉ちゃんが“テントに泊まってみたい”と言った一言がきっかけでテント泊を妄想し続けていた。

確かに夏はロデオの車内で寝るのは暑いし、風車や旗でオシャレに飾ったサイトにも憧れる。
いろいろとネットで見ていくうちにありふれたドーム型よりも、個性的で設営簡単という触れ込みのワンポールテントに惹かれていった。

当初はLOGOS ナバホTepee 400とかノースイーグルのワンポールテントBIG420なんかに触手が伸びかけていた。

2045_1.jpg     ne168.jpg 
ナバホTepeee400     ワンポールテントBIG400


さらにいろいろ見ていくとノルディスクという北欧のメーカーのアルヘイムというモデルを発見してそのデザインの虜になった。


nordiskalfheim126bas.jpg 
  アルヘイム


しかし本体だけで6万円は下らない。別売りのフロアシートまで買うと10万円を超えてしまう。ビギナーが最初に買うテントにしては贅沢すぎる。
それに完全な三角テントだとどうしても端っこはデットスペースになってしまう。それなら同じノルディスクでもアスガルドの方がいいな。アスガルドなら一番小さい7.1m2でも4人で寝れるかな?これならコールマンの2ルームよりもちょっと高いくらいかな?などとテントのことで頭がいっぱいになってしまった。

Nordisk_cotton_tent_Asgard_19_6_450x355px.png 
  アスガルド


そんなこんなでネットを見ているとアスガルドのようなデザインはヨーロッパではいろんなメーカーが作っていることを知った。

わかっただけでbelltentsoulpadsibleyなどがあった。belltentは日本への発送はしていないとのこと。(中学レベルの英語でメールで問い合わせてみた)
sibleyを扱っているcanvascampは日本語対応もしており、日本への発送もしている。ただ、スタンダードモデルにはメッシュドアが付いておらず、加工が必要だけど別売りで入手可能とのこと。日本語のサイトではこの商品は出てこないけど、日本語以外の言語に変えるとSibley Accessoriesのところで見つけることができた。サイトに記載の価格はあちらの付加価値税込の価格のようで、見積もりをもらうとsibley400スタンダードモデル本体が€288.43、メッシュドアが€23.97、送料が€126で合計€438.40。ほかの人のサイトを見ると最後に着払いで数千円の関税を取られるらしい。
これならちょっと奮発しちゃおうかなと思い買ってしまった!!!


sibley_195_460x345__2.jpg 
sibley400スタンダード

sibley_173_460x345__1.jpg 
こんな感じで側面を捲り上げることができる

引き続き人柱的にレポします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

やまーん。

Author:やまーん。
広島市在住のごく普通のサラリーマン。奥さんと子供二人でいろんなところへ出かけたい!という思いから、今までアウトドアなんて無縁だった一家がキャンピングカーロデオを買ってしまったことからはじめたブログ。
いつまで続くか わかりません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。